イメージ1

メイクをする際に

暗い部屋を利用してしまうと、鏡に映った自分の肌色が悪く見えてしまう恐れがありますので、普段よりも濃く明るい肌色にしてしまう可能性がありますので、厚化粧になってしまい老けた印象を相手に与えてしまう場合もありますので、できるだけファンデーションなどを肌に使用する際には、ファンデーションを厚く塗り過ぎないようにするために、自然光や適度なライトで肌を照らして必要な分だけファンデーションを使用する必要があるのです。

自然光でも夕方になってきますと部屋が暗くなり勝ちなので、できるだけ夜間にメイクをする際には、明るい部屋でファンデーションを塗ることが大切なのです。
しかし部屋でメイクをすると鏡の角度によっては自分の顔が影になってしまう恐れがあり、それが厚化粧の原因になってしまう場合もありますので、手鏡でのメイク方法よりも洗面所を利用することで正しい肌色に仕上げることができるのです。



最近では鏡にライトが装着されている製品もありますので、名句をする際に肌にきちんと光を当てて、正しい色味でメイクを仕上げることができますのでとても便利だと多くの女性に支持されています。
このようなメイクをサポートする製品は、鏡自体が拡大鏡になっている場合が多いので、細かな部分のメイクも綺麗にすることができるメリットがありますし、ライトに使用されているLED電球は電力を節約することができますのでとてもお得な製品になっています。


地肌自体がきれいになると上にのせるファンデーションも少なく済みますよ!
メイクも大事だけど肌がキレイじゃないとメイクのノリも悪くなるから、やっぱり素肌は大事です。

カサカサ、肌荒れ、シミしわ、ほうれい線・・・お肌の敵だらけ!こんな時は、お肌の救世主のメディプラスゲルが肌悩みを解決してくれます。私がメディプラスゲルを知ったのは メディプラスゲルを最安値で購入する方法を徹底調査〜メディプラスゲル調査隊」というサイトです。参考にしてみてください。