イメージ1

あなたがメイクに使っている

ブラシ・スポンジは清潔ですか?最後に洗ったのはいつですか? ブラシ・スポンジが汚れていると、メイクのノリが悪くなるだけでなく、ニキビなどの肌のトラブルを引き起こすこともあります。
なぜなら、ブラシ・スポンジは皮脂に触れ、それが酸化して雑菌が繁殖しやすいから。
ある研究によると、1週間使用したスポンジには4万〜8万個もの菌が付着していたそうです。
これを肌に塗りつけていると思うと、怖いですね。

ブラシ・スポンジを清潔に保つには、毎日のお手入れが欠かせません。
ではそれぞれの洗い方を具体的に説明していきましょう。
まずブラシは、使うたびにティッシュの上で軽くなでて、粉を払っておきましょう。
これだけでずいぶん違います。
週に1度は、櫛を入れて毛流れを整えます。

 


毛が途中で切れてしまわないように、先端から優しく梳くように。
汚れが気になってきたら、無添加の純石鹸を使って洗いましょう。
お湯に石鹸を溶かし、毛の流れに沿って優しく汚れをもみだします。
その後石鹸成分が残らないようよくすすぎ、形を整えて陰干ししましょう。

スポンジは、できれば使うたびに洗うのが理想ですが、それができない場合は全面が汚れたら洗うよう習慣づけましょう。
中性洗剤や専用クリーナーをつけ、もむようにして汚れを落とします。
よくすすいだら、タオルなどで挟むようにして水けを切ります。
強く絞ると傷んでしまうので注意してください。
こちらも陰干しが鉄則です。


天日などで乾燥させると硬くなってしまいますよ。
また、表面がボロボロになってきたら寿命です。
新しいものに取り替えてくださいね。
正しい洗い方をマスターして、いつもきれいなブラシ・スポンジを使うようにしましょう。
メイクの仕上がりも変わってきますよ。