イメージ1

メイクに使うブラシ・スポンジは

どのように収納していますか?間違った方法だと、ブラシ・スポンジを痛めてしまうことがあります。
せっかくのメイクツールを長持ちさせるためにも、正しい収納法を覚えておきましょう。

種類も長さもたくさんあるメイクブラシ。
多くの人は、立てて収納しているのではないでしょうか。
見やすく、さっと取り出せて使い勝手がいいのですが、実はこれが間違いなのです。
毛を下にして立てると、ブラシ自体の重みで毛先がつぶれてしまいます。
「でも、上向きなら大丈夫なのでは?」と思うかもしれませんが、実は重力に負けて、徐々に毛が外側に広がってしまうのです。



特にフェイスブラシやチークブラシなど、毛の長いブラシにとっては致命的です。
変形してしまい、本来の効果を発揮できなくなってしまいます。
いちばんいい方法は、寝かせた状態で収納することです。
専用のトレーを用意して、横に寝かせて並べましょう。
もちろんトレー自体もこまめに掃除して清潔にしておくことを忘れずに。

ブラシ・スポンジともに大敵なのが直射日光です。
メイクブラシは熱や紫外線に弱いので、直射日光に当たると、ぱさぱさになって弾力が失われたり、曲がってしまったりします。
スポンジも同様に、硬くゴワゴワとなってしまいます。
一度こうなってしまうと、元に戻すことはできませんので注意が必要です。
ブラシ・スポンジを洗った場合も、絶対に外に干したりせず、陰干しするようにしましょう。