イメージ1

メイクの時に使用する

ブラシ・スポンジを購入するときには、その違いについても知っておくとよいでしょう。
まず、天然毛のブラシ・スポンジの場合、動物の毛からつくられており、お肌につけた時に刺激を与えないというメリットがあります。
毛自体が柔らかくなっていますので、肌につけた時の感触もよいという特徴があるのです。

また、天然毛には動物の皮脂から分泌された脂分が含まれているため、パウダー型の化粧品をつけた時、ムラなくお肌につけることもできるのです。
とくに、パウダータイプの化粧品を多く使用される方には向いています。
ただ、天然毛のブラシ・スポンジの場合、動物の毛を使用しているため、洗う時には充分に注意をしなければなりません。
雑に洗ってしまったり、化学成分を使用した洗浄料を使うことで、毛の品質も落ちやすくなってしまうのです。



一方、人工毛のブラシ・スポンジの場合、化学的な成分からつくられていますので、天然毛に比べてお肌へのなじみは落ちてきます。
ただし、毛の表面に余分な脂分が含まれていない他、つるつるとしていますので、油分を含んだ化粧品を使う時に役立ってくるのです。
油分を含んだリキッド型の化粧品でも、しっかりと吸収することができ、肌にまんべんなく広げることができます。
また、人工毛の場合、毛の品質も強くなっているため、洗浄料や洗い方について必要以上に気を使わずにお手入れできるという魅力も存在しているのです。