イメージ1

ブラシ・スポンジはメイクを行う過程で

とても便利なものです。
手が汚れるのを防いだり、コスメがつきすぎてしまうといったことを防いでくれます。
メイクを自然に仕上げるためにも欠かせないツールでもあります。
ブラシ・スポンジ類は定期的に洗うのが望ましいです。
筆先が黒いものや色の濃いスポンジなどは汚れが目立ちにくく、一見汚れていないように見えがちです。

 


しかし、汚れたように見えないからとブラシ・スポンジの洗浄をおこたると、知らないうちに雑菌が繁殖してしまいます。
そしてその雑菌が繁殖してしまったものをメイクに使用してしまうことでニキビなどの肌トラブルの原因となってしまうことがあります。

そして汚れたブラシ・スポンジでメイクを続けていくと仕上がりが汚くなってしまったり、落ちやすくなってしまうことにもつながりかねません。
ブラシ・スポンジの洗い方は、洗浄料を使い洗います。
身近なものでは台所用洗剤などが油汚れにも強いので、油性のコスメ残りを綺麗に落としてくれます。

基本的には水に洗剤を溶かし、薄めた洗剤液の中で振り洗い、もみ洗いを行います。
そして色が出なくなる程度まで洗ったら、その後水でよくすすぎ乾かします。
ブラシ類は筆の形が重要なため、乾かすときには形を整え立てた状態で乾かすのが望ましいです。
洗い方も非常に簡単なため、定期的に洗い清潔に保つことが重要です。
台所用洗剤が使いにくい場合は、メイクブラシ・スポンジ専用の洗剤もあるのでそれを使うと便利です。